医学部に合格するには個別指導で苦手を克服する必要がある

学生

学校で学ぶ工学

湘南工科大学では工学の知識を学ぶことができ、機械工学や情報工学など詳しい分野に分かれて勉強をすることができます。将来の仕事にも役立つ知識であることから、就職にも有利な学校と言えるでしょう。資格取得のサポートもあり、便利です。

信頼できる所へ依頼

先生と学生

実績のあるところへ

大学受験をする上で、最難関大学と言われている一部の大学を除けば、ほとんどの大学において、最難関学部は医学部であり、しっかりとした準備をしておかなければ、合格は望めないのが現実です。いくら将来医者になりたい、と願ったところで、所定の資格を得なければ、患者の病気を治すことはできないのです。そのためには、まずは医学部に入る必要があり、受験という登竜門を乗り越える必要があります。医学部に入るためには、基本的な学力が必要であることは当然ですが、例えば数学であれば、公式を使えることが基礎力ではなく、なぜ公式ができあがったかというレベルのことを理解していることが求められる、というとわかりやすいかもしれません。こういった地道な知識定着をはかるためには、じっくりとした指導を受ける必要があり、多人数の教育システムではどうしても不足しがちです。自分のペースで取り組むことができる個別指導であれば、理解力が十分でない箇所を素早く見つけることができ、対応が可能になります。医学部を目指すときに、必要な指導力のある個別指導を行っている塾は、一般的な学部を目指すところとは、一線を画している場合も有ります。特に、難関医学部が集まっている地域では、医学部専門の個別指導の塾が存在しており、これらは、インターネットを通じて調べることができるようになっています。その中でも、志望大学に合格者を多く輩出した実績のある個別指導の塾を選ぶことが重要です。

重視するのは費用かケアか

男性

医学部合格に向けて、予備校に通う人は多いです。当然は学費は安くありません。大手予備校か医学部専門の予備校かによって、額は違ってきますが、受けるケアも異なります。受けることが可能な割引は上手く活用し、学費に惑わされず、自分に合った選択をすることが第一です。

読みやすい文章を

作文用紙

あらゆる試験で小論文を使っていますが、与えられたテーマに即した文章を書くことが大切です。時事問題はもちろん、志望理由やニュースなどで取り上げられないものもテーマになり得ます。日頃から、新聞やニュースをみるようにしましょう。また、試験の前までに志望理由を自分の中でまとめておくことも大切です。