医学部に合格するには個別指導で苦手を克服する必要がある

女性と生徒

重視するのは費用かケアか

男性

大手を選ぶか専門を選ぶか

医学部を受けようと思うと、その難関さ故に多くの人は、予備校に通うという選択をします。そこで、問題となるのはやはり学費です。ただでさえ大学の医学部の学費はというと、他の学部の学費に比べて高額になります。それに予備校までとなると、なかなか痛い出費です。そこで問題となるのは、大手予備校と医学部専門の予備校のどちらを選ぶかということです。たとえ、医学部専門の予備校を選ばなかったとしても、大手予備校には多くの場合、医学部コースというものが存在します。そのため、医学部を受ける上での不足ありません。カリキュラムもきちんとしておりますし、実際に大手予備校での合格実績は、多数あります。しかし、医学部専門の予備校もただ学費が高いだけではありません。大手に比べて、授業時間が多く確保出来ます。また、少人数のクラスになるため、教師の手厚い指導、ケアを受けることが可能です。この点が学費の差に現れているのでしょう。学費を抑えたいのであれば、予備校の行う特待生制度に向けて努力するという手もあります。簡単なことではありませんが、それに向けて勉強に励むことは、その後にも生きていくため決して無駄なことではありません。また、早期入学で入学金が安くなる場合もあるので、それもおさえておきたいです。大手があっていると思うのならば、確かに学費は多少おさえられます。しかし、第一に考えることは医学部合格です。学費に惑わされて、仮に一年を棒に振ることになってしまったら、それこそもったいないです。じっくりと考えて、選ぶことが大切です。