医学部に合格するには個別指導で苦手を克服する必要がある

女性と生徒

読みやすい文章を

作文用紙

話をそらさないこと

高校や大学受験ではもちろん、企業や公務員などの試験において小論文は多く使われています。小論文の書き方はもちろん、文章のまとめ方や接続詞の正しい使い方など読みやすい文章を書けるかどうかを小論文では試されています。小論文は、一つのテーマをもとに自分の考えや賛否を書くという手法で行われるのが一般的です。重要なことは、テーマに沿った内容を書き上げることを念頭に置くことです。テーマになりうるものとしては、日々のニュースで取り上げられているものや話題となったものやことです。与えられたテーマについての知識を深めておくことが求められます。そのため、何が問題で自分だったらこう考えてこういう解決策を提案するという流れの文章を書くとよいです。テレビのニュースや新聞などを毎日欠かさずチェックするようにしましょう。小論文の中には、ニュースや新聞で取り上げられないものもあります。高校や大学受験であれば、学校に入ってどのような学生生活を送りたいかをテーマとする場合があります。企業や公務員であれば、会社に入りたい理由もしくは公務員として勤める場所についてをテーマにする場合です。こうしたテーマであれば、自分自身に問いかけなぜここに入りたいのかをうまくまとめることが大切です。試験の前までに、ある程度まとめておくと効果的です。小論文を書く際は、起承転結を頭に入れて落ち着いて文章を書きましょう。起承転結では長くなってしまうという方は、序破急という選択肢もあります。それぞれの書き方をマスターしておきましょう。